男子生徒との校内淫行で必死に声を押し殺す四十路の美熟女教師

北川礼子。校内のいたるところで男子生徒にセックスをねだられる四十路美魔女の女教師。いけないとわかっていても少年の求めを拒みきれず、学校内で淫行行為をしてしまう熟女教師のエロドラマ。
「もう、やりすぎよ…いい加減にしなさい!」学校の男子トイレに連れ込まれてしまった四十路女教師は、連れ込んだ男子生徒を叱りつける。「大丈夫だって」「ここは学校なのよ……」先生の小言を無視した生徒は、熟女教師の美乳を服の上から無茶苦茶に揉みながらベロチューをする。いけないと判っているのに、自分は聖職者であるという自覚はあるのに、愛している少年年からディープキスをされ敏感な部分に触れられると、抵抗する力は弱まってしまった。「誰か来たらどうするの……」「大丈夫大丈夫、ね?」青年は女教諭をなだめながらブラウスのボタンを外し、中からオッパイを取り出す。そしてブラジャーの上から揉んだり吸ったりと弄んだあと、スカートをめくり上げて黒いストッキングとパンティに覆われた尻をなで始めた。「やだ、駄目だって……」そう言いながらも、男用便器に手を置いてデカ尻を振りたくってしまう淫乱女教師。少年は下着の中に手を突っ込んで、激しい指マンで陰唇やクリトリスをこれでもかと掻き回した。「んぐっ……ん…ん……っ」必死になって拳を握りしめて、喘ぎ声を押し殺す人妻教師。しかし声を抑えれば抑えるほどに、女体はふしだらな反応を示して膣内は大洪水状態になってしまうのだった。しかしそのとき、話し声が近づいてくるのが聞こえた。二人は慌てて個室へと潜り込み、鍵を掛ける。ほっとしたのもつかのま、男子生徒はいきなり女教師のストッキングとパンツを下へずらすと、立ちバックで巨根を挿入してきたのだった。「ぐっ……ん……ッ」再び必死に卑猥な声を押し殺して快感に耐える四十路女教師。しかも間の悪いことに、男子生徒たちは小便が終わってもトイレの中で楽しそうに雑談を始めたのだ。しかしそれでも、少年はマシンガンピストンをこれでもかと打ち込んで女教師を追い詰めていく。やがて対面立位で再び肉棒を刺しこんだ生徒は下から突き上げ続け、やがて女教師のおまんこ大量のザーメンを流し込んでしまったのだった。「うう……」アソコからポタポタと中出しされた精液を垂らし、乳房の先の乳首を固くしてしまう四十路熟女。「先生、よかったね」生徒たちがいなくなると、そう話しかける少年。「こんなこと駄目よ……」と言いながらも、めくるめく快感に逆らえない自分を感じていたのだった…。放課後、職員室で仕事をしていた女教師の前にまたしても男子生徒がやってくる。そして他にも教師がいるにも拘わらず、フェラチオを求めてきたのだった。懸命に首を横に振る先生だったが、やがて肉棒を咥え込んでしまう。完全に肉奴隷と化した熟女教師は、この男子生徒に逆らうことができなかった…。