車に同乗出勤させてくれる会社同僚に口説き落とされた五十路人妻のカーセックス映像

1
時田こずえ 五十路人妻の寝取られSEXドラレコ映像
ドラレコNTR13 車載カメラは見ていたねとられの一部始終を

時田こずえ。50歳になる妻は、駅前のスーパーマーケットでパートとして働いている。最初はバスで通勤していたが、最近は車に同乗させてもらっている。運転手は、職場で仲良くなった男性社員。家も近所で、どうせ同じ方向に向かうのだからと誘われてのことだった。彼は主婦より年下で独身。車内という密室で、美熟女と二人きりの状況。やがて時間の経過と共に、男は人妻に好意をほのめかすようになる。やんわり拒みながらも、まんざらでもない様子の主婦。女として見られることに、五十路人妻は心地よさを感じていた。男は人気のない場所に車を止め、運転席から助手席に向かい腕を伸ばす。「昼間ですよ」肩を抱かれたアラフィフ熟女は、男を注意した。「誰かに見られたら、どうするんですか?」「じゃあ見られなければいい?」「そういう意味じゃ……んっ」乳房を包み込むように掴まれ、言葉が途切れる。恥ずかしい愉悦が、乳首から全身へ駆け抜けた。彼の手は豊満な乳房から、下半身へと滑る。服を脱がせ、パンティの中へ潜り込んだ指先。早くもじゅくじゅくになった恥裂を、焦らすように掻き回した。「あ、駄目……っ」その言葉が形だけであることは、人妻が一番よく判っていた。不倫というスリル。どうしようもないほど、女はときめいている。男性は助手席のシートを倒し、熟女を寝かせた。服を脱ぎ捨て、相手の顔に下半身を覆い被せる。怒張しきったイチモツが、喉まで容赦なく突き刺さった。「んぶうっ、ぐぐっ」イマラチオでの肉棒奉仕。口を塞がれ、くぐもった悲鳴が喉から漏れ出す。その間も、男の指マンは止まらない。息苦しさに煩悶しながら、熟女はベロを蠢かせペニスを舐め回した。熟女のワレメもたっぷり舐めた男が、仰向けに寝転がる。天に向かって伸び上がる極太男根に、避妊具が装着された。熟女は緩慢な動きで男の上に乗り、桃尻をゆっくり落とす。「あ……っ」肉のあわいを掻き分け、逞しいイチモツが侵入してくる。「好きです」男は熟女の括れた腰を掴み、下から灼熱棒を突き上げた。「あんっ、止めて……っ」「好きです、好きですっ」「だめ、後戻りできなくなる……っ」「それでも、好きなんです」「私、主人とは別れられないっ」「そんなこと、言ってないじゃないですかっ」垂れ下がる爆乳の先を、音を立て吸われた。ますますピストンは、激しくなってゆく。艶のあるやりとりに、熟女の全身は熱く火照る。(気持ちいいっ、おかしくなるっ)自然と、嬌声が大きくなった。家族への裏切りとは判っていても、この瞬間を手放すことなんて女には出来ない。「ぐっ、出るっ。お尻にっ」男は素早く竿肉を抜き、コンドームを外す。「ああっ、熱い……っ」ザーメンを巨尻に浴び、熟女は背中を反らした。だがオルガズムの波が去ると、五十路熟女は相手を恨みがましい表情で睨む。「ゴム、してたのに……」疑似でも、中出しして欲しかった。「だって、ゴムが破けてたりとかしたらヤバいじゃん」「そうか。そうよね……」相手の理性的な答えに、五十路人妻は寂しそうに頷く。自分のヤッていることは、言い訳できない不倫。それは世間的に見れば、背徳行為。そう判っていても、人妻は彼の熱い精液を膣内に感じたいと願ってしまうのだった…。

この作品の高画質フル動画はこちら
ドラレコNTR13 車載カメラは見ていたねとられの一部始終を
収録時間:200分
出演者:—-
監督:—-
シリーズ:ドラレコNTR
メーカー:JET映像
レーベル:卍GROUP