人妻・熟女無料エロ動画 熟女の巨尻

いやらしいフェロモン全開な人妻・熟女の無料エロ動画を堪能して下さい!

おちんちん頂戴!絶倫息子のペニスを求める盛りのついた五十路母 清野ふみ江

   

またはこちら
清野ふみ江 近親相姦

旦那が勃起不全となり、満たされない激しい性的欲求を我が子の肉棒へ求める母親。五十路熟女と息子の中出し近親相姦。清野ふみ江。
「不味いよ母さん、父さんがいるし」「大丈夫よ。お母さんはあなたのおちんちんが欲しいのっ」まるで若い娘のようにねだる貧乳五十路熟女。母親におちんちんが欲しいとダダをこねられ、息子は困惑するもキスをされると舌を絡めて答えてしまう。「ほらあっ、こんなになってる。コウタもしたかったんじゃないの? お母さんはしたかったよ」そう笑顔で言い切りながら、五十路母は勃起してしまった息子の巨根をパジャマの上からシコシコする。「お願い、お母さんを触って。気持ち良くさせて」セクシーな下着でそうねだるスレンダーボディ熟女。そのフェロモンに圧倒された息子は、とうとう母親の上に覆い被さり、乳房を揉みながらキスをしてしまった。「んんっ」息子に襲われ、至福の表情を浮かべる淫乱ママ。息子はそんなお母さんのパンティを掴むと、上に引っ張ってマン筋に布を食い込ませた状態でクリトリスを激しく擦り上げた。「ああ、はああっ」指が肉孔に滑り込んでくると、母親の嬌声はいよいよ大きくなる。愛する息子ばかりに愛撫させてはいけないと思った人妻は、悪戯っぽい笑みを浮かべながら息子の巨根にむしゃぶりついた。「んふっ、うんうんんっ」顎が外れそうなほど大きな肉塊を喉奥まで押し込み、バキュームフェラする熟女。亀頭の裏を重点的に舐めたり、尿道に舌を差し込んで擦ったりと息子の感じる部分はすべて熟知していた。「くっ」「気持ちいい?」嬉しそうに尋ねては、母は口唇奉仕に耽る。我慢できなくなった息子が雄棒をヴァギナに挿入すると、身を仰け反らせて歓喜した。「あっ、くううっ」乳首がコリコリに勃起している微乳を無茶苦茶に揉まれながら、じっくり中を探るように腰を遣われる。夫よりも心地いい息子のペニスに狂う母は、バックから挿入されると犬のように喘ぎ泣いた。息子の名前を連呼しながら、騎乗位で腰を振りまくる熟女。「母さん、もう……」「だあめっ、お母さんはもっとイキたいのっ」「でも、そろそろ止めないと父さんが起きて……」「大丈夫だって。お母さん、コウタのおちんちん大好きっ」蠕動スピードを緩めて息子の射精を管理する熟女。しかし今度は母親が我慢できなくなり、高速で身体を上下に振り始めた。「でっ、でるっ」「凄いっ、イクッ、イクッ」息子の上で絶頂を迎え、トロ顔になる淫乱マザー。「もっとして」と今度は正常位で突くよう息子にねだった。お母さんの淫欲に巻き込まれた息子は、言われたとおり正常位で連結してガン突きを始める。「イクッ、コウタもきてっ」「うん、一緒に、一緒に、ああイクッ」二人同時に絶頂を感じた瞬間、母親はザーメンが子宮内に流れ込んでくるのを感じたのだった。「ん……」朦朧としながらも、母親は息子のちんぽをお掃除フェラしてはまたセックスをねだるのだった。

清野ふみ江

この作品の高画質フル動画はこちら
収録時間: 108分 (HD版:108分)
出演者: 清野ふみ江
監督: 南大地
シリーズ: 欲求不満の母と絶倫息子
メーカー: センタービレッジ

 - 五十路 , , ,

  •  素人わけあり熟女生中出し あやか 51歳

    素人わけあり熟女生中出し あやか 51歳

    ちょっとエロそうな五十路熟女

    ちょっとエロそうな五十路熟女の家にお泊りしてヤリ倒したい

    全国熟女捜索隊 田舎に泊まろう! 丹沢編

    全国熟女捜索隊 田舎に泊まろう! 丹沢編

  関連記事

初撮りでアブノーマルSEXを体験する五十路熟女
初撮り五十路~夫しか知らない私のパイパンおまんこ好きにして!

初めて味わう他人棒の強烈な刺激に激しく身をくねらせ悶え狂う主婦高杉みゆきさん(53)の初撮り。「今日 …

ハァハァ…おばあちゃんッ!思春期の孫を惑わせる58歳祖母の熟した巨尻

出演女優:山口寿恵。田舎から息子夫婦の家に遊びにやってきたアラ還熟女。その祖母のもっちりと熟した卑猥 …

しっとりした色香を放つ育ちの良さそうな五十路人妻が他人棒でひぃーひぃー!

池田喜代子。育ちの良さそうな雰囲気の上品な五十路の人妻。数年ぶりに割れ目に入り込んできた男の指と肉棒 …

隣に住む五十路おばさんの熟れた垂れ乳に我慢汁が止まらない童貞少年

スレンダーボディに熟れた巨乳がたまらない五十路専業主婦。必死に腰を振り巨根を突き刺してくる少年に痙攣 …

嫁が側にいても暴走してしまう五十路義母へのセックス衝動 大内友花里

『お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 』出演女優:大内友花里。「ちょっ、ちょっと……」娘夫婦の …