おばさんのオメコが!興奮に心臓が高鳴る熟女の強烈なマンチラ

横山みれい 息子の友達をマンチラ誘惑する熟女

ミニスカが似合うスタイル抜群な友達のお母さん。息子の同級生に割れ目と陰毛を見せつけて誘惑する、ノーパン美魔女おばさんのエロ動画。
部屋で黙々と筋トレをする青年と、その親友。壁には「絶対優勝」の文字が躍っていた。ストイックにトレーニングをする二人の元に、青年の30代半ばの若々しいお母さんがやっきてた。「おばさんも最近、ママさんバレーで鍛えてるのよ。じゃあ、こうくんを鍛えてあげる」と、笑顔で息子の友人の前に座ると腕立て伏せをするよう言った。言われるがまま腕立てを始めた若者だったが、目の前の熟女の股ぐらを見て驚愕する。彼女はノーパンで、黒々と繁茂した陰毛やワレメまでも彼に見せつけていたのだ。「うっ、あ……」「次は腹筋ね」と彼の足にまたがって座る人妻。暖かなおまんこが足に密着すると、青年は気もそぞろになった。見ればこのおばさん、胸元は大きく開いた服を着て巨乳を惜しげもなく見せつけている。あまりにもセクシーすぎる格好に、青年の股間のイチモツは熱くなり、大きく膨らみ始めてしまった。やがて息子が部屋を出て行くと、三十路半ばの奧さんの誘惑はますます激しい物に変わった。青年の股間は増々大きくなってしまい、真っ直ぐに立っていられなくなった。「あの……ちょっと、足がつっちゃったんで……」と言う青年に、奧さんは「あら大変!私が揉んであげるわ」とベッドにうつ伏せになるよう指示を出す。「ここかしら」と足を揉む熟女。しかし青年の視線は、ついついスカートの中の剥き出しになったオメコとマン毛へと向けられてしまった。ヒクヒクとイソギンチャクのように蠢いている女性器から、目を離すことができない。しかしそうなるとますますペニスは熱く滾ってしまい、収まりそうになっかた。「うふふ、ずっと見てたでしょう」マッサージを終えたおばさんは、そう言って青年をからかう。「いやだって……ノーパンだったから……」と言い訳した青年は「あ、あの……触っていいですか?」と、とうとう欲望を口にした。「見るだけよ……」と念押して、アソコを顔に近づける淫乱人妻。青年の前でM字開脚になると、指で広げて奥を見せたりと彼の情感を弄んだ。「あら、こんなになって」熟女は青年の勃起物に気付き、手にするとフェラチオやパイズリで悪戯をする。そしてシックスナインで彼の顔に美尻を押しつけてオーラルセックスをすると、とうとう正常位でのセックスを許した。「ああっ……おばさんッ」熟女のキツい肉孔を、若さに任せて夢中で突きまくる。パンパンと激しい打擲音が部屋中に響き渡り、二人の肌に汗が浮かぶ。他人棒を楽しみながら、青年にパンチラではなくマンチラをして誘惑したのは正解だったなと、淫乱おばさんはほくそ笑むのだった…。『息子が自宅に連れてきた同級生をまんチラ誘惑するエロ過ぎるノーパン美熟女妻』