五十路母との性行為にひたすら明け暮れた温泉旅行

人里離れた山中の混浴露天温泉で繰り広げられる五十路熟女と息子の中出し近親相姦。大嶋しのぶ。
母親は五十路を過ぎているが、まだ余り崩れていないスリムな体形であり、熟れた乳房は手ごろな大きさとタレ具合だ。「お母さんとお風呂に入るの久しぶりだねぇ」「そうね、ゆっくりしましょうね」息子は、母親にキスをして乳房を揉む。じっくりと母親の女を目覚めさせ、母親を湯船の脇に座らせる。そして股を全開にさせ、夢中でクンニをする。「ダメ、そんなことをしちゃ、ダメよぉ」このダメは近親相姦だからダメ、というのではない。お母さんとしてではなく、一人の女としての甘え言葉なのだ。部屋に戻ると、母子相姦のいやらしい性宴が再会された。息子は母親の浴衣を剥ぎ取り、挑みかかっていった。クンニをしフェラチを迫り、バックから嵌めてひたすら性行為に明け暮れる母子。中出しされた母親の穴からはザーメンがこぼれ落ちる。

『青姦親子 大嶋しのぶ』
完全版はこちら