男子校生がハマってしまった五十路友人母との年の差セックス

1
完全版はこちら
池上冴子 五十路熟女の友達の母親
友達の母親~最終章~ 池上冴子

池上冴子。両親の離婚で母親のぬくもりを知らないという息子の友達。そんな男子校生に同情した五十路熟女は必要以上のぬくもりを与えてしまう…。友人の母親との年の差セックスにドハマリした少年の不倫エロドラマ。
リビングのソファーに座った50歳の人妻。大きな吐息を吐きながら、息子の友達の名を口にする。「カズヤくん…」母親のいない寂しい少年。請われるまま、膝枕をしてあげた。しかし少年に胸を揉まれた五十路熟女は、身体までも許してしまう。目覚める、淫らな女の性本能。カズヤのことを考えるだけで、勝手に火照り出す身体になってしまった。「ああ……」パンティのクロッチ部分を横にずらし、マンスジを指で擦る。疼き立つ乳首とクリトリスを弄り、グラマラスボディーを震わせた。(息子の友人に欲情するなんて…母親失格だわ)理性では、恥ずべきことだと判っている。だが陰部を弄る指先が止まらない。やがてアソコから、びちゃびちゃと卑猥な水音が鳴り出した。「あぐ…あーーっ」愛液を垂れ流し、アラフィフ熟女は絶頂へとへと登り詰める。しかし、自慰でのアクメでは満足できず、少年の身体が欲しくてたまらない感情は収まらなかった。その翌日、息子がバイトに出た時間を見計らいカズヤが尋ねてきた。五十路熟女は胸を弾ませながら、少年を寝室へ連れ込む。「したかった」赤裸々な欲望を告げる五十路熟女。そんな友人の母親の唇を奪いながら、一枚ずつ衣服を剥がしてゆく少年。黒いレースのブラジャーにパンティ、ガータベルトで吊したストッキング。このセクシーな下着は。すべて少年に見て貰うため身につけていた。「カズヤくん…」媚びた声で囁くおばさんの乳首摘まみ、カズヤは思い切り引っ張った。「はう…ッ」二回りも年下の男の子に、身体を弄ばれる淫らな悦び。少年は五十路おばさんをを押し倒し、股間の割れ目に顔を埋める。舌で陰核やメコスジを容赦なく舐め上げられ悶える熟女。シックスナインで貪欲に性器をしゃぶり合い、体液を啜り飲む。少年のクンニリングスはねちっこく、腰が砕けそうな快感をもたらした。夫への裏切りだと判っていても、この息子の友達との関係を切ることなど出来ない状況に陥っている五十路人妻だった。「入れていい?」おまんこを指で掻き回しながら、カズヤは尋ねる。「うん…」快楽に瞳を潤ませながら、アラフィフ熟女は頷いた。真っ赤に膨れあがった亀頭がズブリと恥裂に挿入されていく。未成年とは思えない極太の肉棒が、肉孔を押し広げた。「い、いい…ッ」脳内が真っ白に染まるほどの快感。ハードピストンが始まり、五十路熟女の美巨乳が波打ってたわむ。ガータベルトとストッキングだけを身につけた、卑猥な格好での年の差セックス。少年はおばさんの尻を押し上げ、まんぐり返しでチンポを叩き込んだ。「あぁぁっ、凄いぃぃっ、きて…きて…!」「出るう…!」二人の声が重なった。五十路熟女の腟内で熱いほとばしりが流れ込む。(中に、出されちゃった……)本来なら慌てるべき状況。だが熟女は目を閉じ、中出しSEXの愉悦に身を浸す。「ハァハァ…おばさん、気持ち良かったよ」荒い呼吸を吐きながら、少年が顔を寄せた。「私も…」恋人同士のように抱き合って、後戯のディープキスを交わす。五十路熟女の穴からは、中出しされた精液が絶え間なく流れ出ていた…。

この作品の高画質フル動画はこちら
友達の母親~最終章~ 池上冴子
収録時間:98分
出演者:池上冴子
監督:三郷浩太朗
シリーズ:友達の母親
メーカー:センタービレッジ
レーベル:花園(センタービレッジ)