寝たきりになった息子を復活させていく四十路母の献身的な性介護

1 2
完全版はこちら
平岡里枝子 母の愛情性介護
母の愛情 平岡里枝子

平岡里枝子。寝たきり息子を介護する母親の近親相姦エロドラマ。
四十路熟女の母親は、横たわった息子の身体を丹念に拭っていた。「母さん、いつもごめんね…」「仕方ないでしょう、好きで病気になったわけじゃないんだから」辛そうに呟く息子のツヨシに、母親は優しく微笑みかける。原因不明の病で、ある日突然息子の手足は動かなくなった。娘と二人で介護しながら、仕事もこなす日々。「母さん、辛かったらいつでも僕を施設に入れていいから」息子はそう言ってくれるが、大事な息子を手放すつもりはなかった。そんなある日の夜。「僕、母さんのことを考えると…おちんちんがムズムズするんだ」仕事から帰った母親に、息子が突然そんなことを言い出した。「このことがきっかけでなにかが変わるかもしれない」「なにを言っているの…?」戸惑う母親。するとツヨシは「母さんでもっとちんちんが反応するか試したい」と言い出した。「私たち親子なのよ?」「わかってるよ…でも、少しの可能性に賭けてみたいんだ」息子も今の状況を打破しようと必死だった。「……そうよね、前向きに考えるのはいいことだわ。じゃあ、どうしたらいいかしら?」「乳首を触ってくれるかな?」「こう…?」母親はパジャマの上から息子の胸をまさぐる。「もうムズムズしてきた…ちんちん触ってみて、固くなってる?」手の動かない息子の代わりに、オムツを脱がせてみる。ビンビンになった肉棒が、ぶるんと飛び出した。「す、凄いわね…良かったじゃない、回復の第一歩ね」逞しく勃起した息子棒を握りしめ、手コキをし始める母親。いつも介護で見慣れたチンポだが、勃起したモノを見るのは初めてだった。「母さん、ちょっと痛いよ…」「あら、じゃあこれで滑りが良くなるかな」唾液をチンポを垂らし、さらに激しく手を上下させる。「まだ痛いかな…お口でしてくれない?」「それはちょっと…止めましょう」「じゃあ乳首なら大丈夫?」「そ、そうね」ペニスを手コキしながら、乳首を舐める母親。「母さんも久しぶりだからね…正直、どうすればいいのか判らないけど」そう言いながら、とうとうペニスを口に含む。温かな粘膜に包まれる亀頭。腰が砕けるほどの快感に、息子は上を向き呻いた。「んぐ……っ」フェラチオの吸引音が、鼓膜をいやらしく震わせる。「母さん、気持ちいい…もっとやって」「んん…こう…?」尺八に熱が帯びた。竿だけでなく、陰嚢までも小刻みに震え出す。「出そうなの?頑張ってっ」四十路母は、夢中になって頭を激しくシェイクする。フェラチオは更に苛烈を極めた。「あ、う…ッ」息子の裏返った声と同時に、濃厚な精液が口内に溢れ出す。「んぶっ、良かったじゃないっ」ティッシュに口内射精されたザーメンを吐き出しながら母親は喜ぶ。股ぐらの恥裂が、トロトロに濡れてしまったことを隠しながら…。

この作品の高画質フル動画はこちら
母の愛情 平岡里枝子
収録時間:107分
出演者:平岡里枝子
監督:九十九究太
シリーズ:母の愛情
メーカー:タカラ映像
レーベル:ALEDDIN