高松かおり53歳 大人しそうな五十路奥様が内に秘めた性欲を爆発させる初撮りドキュメント

完全版はこちら
高松かおり 53歳人妻のAV初撮り
初撮り五十路妻ドキュメント 高松かおり

高松かおり。巨乳巨尻のムチムチに熟れた身体がたまらない五十路熟女。中出しセックスの快楽に乱れ狂う人妻の初撮りドキュメント。
乳首と巨乳の曲線がくっきり透けた黒のランジェリー。ショートヘアの53歳人妻は、ピンク色の電マを渡された。「カオリさん、これなんだか判りますか?」「はい」「使い方わかりますか?」「はい…使うのは初めてですけど」五十路人妻は、多くのAVを見ながらオナ活していた猛者。電マオナニーは未経験だが、AVで見たことがあった。結婚25年目、二人の子宝に恵まれた幸せな夫婦生活。しかしここの数年は、まったく夫婦の性生活がない。そんな中、息子の部屋で偶然見てしまったアダルト動画。刺激的な世界にハマり、気づけばセクシー女優の扉を叩いていた。「では、カオリさんの気持ち良くなる姿を見せてください」「はい…」ごくりと喉を鳴らし、電マのスイッチを入れる。唸るようなモーター音を響かせた先端を、恥裂の上部に押し当てた。「あん……んっ」陰唇を通して、クリトリスが小刻みに震える。その上で円を描くように玩具を動かし、自慰に耽った。(私、見られてる……っ)いつものオナニーと違い、AVスタッフたちの視線とカメラがこちらを見ている。衆人環視の状況に興奮し、五十路熟女はあっさりとイキ果ててしまった。「もうイッちゃったんですか?」「はい…凄く気持ち良くて」恥じらうアラフィフ人妻の前に、がっちりした体型のAV男優が近づいた。「次は、彼を気持ち良くしてもらっていいですか?」「はい」嬉しそうにパンツごと肉棒を掴んだ五十路熟女は、シコシコと手を動かす。)固く逞しいペニスなんて何年ぶりだろう。心躍る手触りだった。相手の下着を下ろし、ぷるんぷるんと上下に揺れるチンポを両手で掴む。上品な唇を大きく開き、亀頭を喉まで押し込んだ。「ん、んむ…っ」滲む先走り汁が、不思議なほど甘く感じられた。深い吸茎と手コキは、男優を追い詰めてゆく。「ヤバい、イキそ……イクッ」心地いい手淫に負け、濃厚なザーメンを五十路主婦の美貌にぶちまける。男性ホルモンを浴びたマダムは目を閉じ、青臭い香りを堪能した。「次はセックスシーンなのでよろしくお願いします」新たに黒のドレスに着替えた奥さまの前に、新たな汁男優が登場。「はい、よろしくお願いします」続け様にオナニー、フェラチオを体験した人妻。心に余裕が出来たのか、柔らかな笑顔を浮かべ頭を下げた。(いよいよだわ…)プロ男優の性技を、直に体感できる。期待に胸が膨らみ、瞳が自然と潤む。そんな人妻を抱擁し、男はディープキス。パンティ越しに恥ずかしいワレメをくすぐった。「ん、あ……っ」自然と、艶めかしい声が漏れる奥さん。まだ触れてもいない乳首は硬くしこり、陰核も充血して頭をもたげる。指マンでGスポットを探った男の太いイチモツを、人妻は熱心にフェラチオする。「この中に入れていいですか?」69で陰部を舐め合っていた男が、いやらしく囁く。こくんと頷いた五十路熟女のムチムチとした太股の間に、身体を入れた。身体を斜めに倒し、唾液にぬめる男性器の先端を肉の狭間へと押し込んでゆく。「あっ、ああーっ」長く閉じられていたオマンコが、痛みを伴いながら拡がる。痛みは、女の悦びそのものだった…。

この作品の高画質フル動画はこちら
初撮り五十路妻ドキュメント 高松かおり
収録時間:122分
出演者:高松かおり
監督:三郷浩太朗
シリーズ:初撮り五十路妻ドキュメント
メーカー:センタービレッジ
レーベル:聚楽