憧れていた四十路叔母さんの剛毛まんこに包まれて…平岡里枝子


123

完全版はこちら

 
平岡里枝子

昔から美しく今だにスレンダーなボディラインを保つ親戚の叔母さんに憧れていた甥。抑えきれない性欲が暴走した貧乳四十路叔母とデカマラ甥っ子が汗だくで欲望をぶつけ合ういけない情事。平岡里枝子。
パンティの上からマン筋をグリグリ押された四十路美熟女は、恥ずかしい声を上げながらスレンダーボディをくねくねさせ悶えている。甥の指先に感じてしまう自分がふしだらだと判っていても、アラフォー熟女はいやらしい声を止めることができなかった。「綺麗だよ、叔母さん」青年は欲望に抗えず、叔母のスカートとパンティをほっそりとした足から抜き取ると濃い恥毛の中に潜む陰唇に唇を付けて愛液を啜り飲む。「んはあっ」夫にもされたことがない激しすぎるクンニリングスに、熟女は「いやあっ」と首を横に振って黒髪をなびかせながらも、抗い切れない自分を感じていた。叔母の淫らな反応を見抜いた青年は、指マンで秘奥を掻き回しながらクンニを続ける。もっさりと生え伸びたマン毛もびちゃびちゃになるほど、熟女は淫らなお汁を滴らせた。「見て、叔母さん」青年はズボンを脱いでトランクス姿になると、フル勃起した肉棒を奥さまに見せる。「凄い、大人になっていたのね……」幼い頃のおちんちんしか見ていなかった叔母は、うっとりした表情でペニスを掴むと先端から滲みでていた我慢汁を指先に付けて、舐めた。「んふうっ、凄いわ……」たまらず、熟女はちんぽをしゃぶりながら青年を見上げる。媚びを含んだ表情のフェラチオに、青年の生殖器はますます漲るのだった。まるで犬のようにペロペロとおしゃぶりをしたり、喉奥まで男根を押し込めるディープスロートフェラを繰り出してしまう熟女。やがで口内で青年が発射すると、熟女は寂しそうな表情を浮かべながら青年を見上げた。「もうでちゃったの?」吐き出したザーメンの香りを楽しんでから、熟女は青年に抱きつく。「すっごく気持ち良かったわ……久しぶりだったし」夫に相手にして貰えなかった奥さまは、ついそんな本音を漏らしてしまう。そのとき夫が帰ってきて、慌てて服を着る甥と叔母だったが、その後も関係は続いた。夫の目を盗んでは、キッチンでスレンダーボディを貪り豊乳をしゃぶりまくる性欲旺盛な甥。女として激しく求められる悦びから、指マンも立ちバックも受けてしまういけない人妻。甥は叔母の俺そうなほど細い腰を掴むと無茶苦茶に剛棒を送り込み、子宮の入り口をノックし続けた。「くっ、あああんっ」汗だくになり痙攣しながらの激震ファック。甥は夫婦の寝室に四十路叔母を連れ込むと、まんぐり返し種付けプレスピストンで熟女の肉孔を穿つ。「ひっ、あああっ」セックスの中で何度もアクメを迎えトロ顔になる熟女の美貌にザーメンがぶっかけられると、人妻は朦朧としながらもマンホールをヒクヒクさせるのだった。

平岡里枝子

この作品の高画質フル動画はこちら
綺麗でいやらしい叔母さんの卑猥なマ○コと舌技に惹かれ寝取る僕
収録時間:100分 (HD版:100分)
出演者:平岡里枝子
監督:矢野口進
メーカー:ルビー