四十路叔母の熟した白い肉体を狙う同居する甥 谷本瑞希

1 2 3 4




完全版はこちら

 
谷本瑞希 四十路熟女の叔母を狙う甥っ子

出演女優:谷本瑞希。家庭の事情で親戚の家に住むことになった青年。この同居することになった甥っ子に気を使い、叔母夫婦は夜の営みを思うように出来ない状況だった。欲求不満の四十路熟女と、その状況を見透かして叔母の熟した白い肉体を狙う甥の親族相姦。
夜の「いやらしいなあ、叔母さん」全裸にした四十路熟女を四つん這いにさせた甥は、むっちりとした巨尻を覗き込む。すぼんなアナルにびらびらがはみ出した陰唇が、ばっちりとバックからでも見えた。「あれ、叔母さん。どうしてあそこに毛がないの」綺麗に陰毛が処理されパイパンだったことに気づいた甥が、そう叔母に尋ねる。しかしアラフォー主婦はムチムチした巨尻をもじつかせるばかりで答えなかった。「ひょっとして、叔父さんに処理されたの?」「え、ええ……」ようやく頷く人妻。夫はセックスが大好きで、アブノーマルな剃毛を妻にしていた。しかし最近、この甥を預かったせいで旦那とのセックスがお預け状態となり、人妻はかなり欲求不満が溜まっていたのだった。青年はおばさんの身体を仰臥させると、指までじっくり蜜壺を攪拌しては、口をつけてパイパンまんこをクンニリグスしてゆく。「あうっ、ああ……」刺激を欲していた肉孔は甥の舌に敏感に反応をしめしてしまい、すぐにアソコは大洪水状態となってしまった。そんないやらしい反応を見せる叔母の勃起したクリトリスに電マを押し当てた青年は、じっくりと震わせ愛撫してゆく。ビチャビチャといやらしい音が股ぐらから響き渡り、人妻の美乳の先は触ってもいないのにビンビンに勃起状態となっていた。夢中で肉溝を弄った青年は、ズボンの前がテント状態となった股間を叔母に見せつける。「すごい、もうカチカチなのね」興味津々で彼の股間をさする。そして青年が直に雄棒を見せつけると、たまらないといった表情でそれを咥え込み献身的な口唇奉仕を始めた。「うぐッ…ん、んん…っ」夫に仕込まれているから、バキュームフェラは極上のものだった。亀頭責め、裏筋責め、リズムに乗った絶妙なフェラチオ。叔母のエッチすぎる尺八に大興奮した甥は、彼女の口内へとザーメンを発射してしまった。旦那よりも濃厚な甥っ子の精液を口内射精で受け止めた叔母さんは、手のひらに精液を吐き出しながら思わずうっとりしてしまう。「……気持ちよかったな」そんな出来事が忘れられず、甥との行為を思い出しては身体を疼かせた。「あんなに激しくするんだもん…」ついついパンティーに手が伸び、陰唇を指で弄ってオナニーしてしまう人妻。しかしそんな自慰姿を、青年に見られてしまった。「一人でしないでもさ、僕がしてあげるって」叔母さんがいやらしい気持ちになっていることを察した甥は、スレンダーボディに飛びついて美乳を揉みしだき出す。しかしもう、叔母は抵抗する気などない。そして彼の肉棒を膣内に受け入れ、中出しされるまで美貌の叔母は悶え続けるのだった。

谷本瑞希 ANB-137

この作品の高画質フル動画はこちら
初撮りデビュー作品!綺麗でいやらしい叔母さんのパイパンま○こにブチ込み犯す僕 谷本瑞希
収録時間:99分 (HD版:99分)
出演者:谷本瑞希
監督:矢野口進
シリーズ:—-
メーカー:ルビー
レーベル:NOBLE
品番:anb00137