夫に見られても息子とヤリ続ける四十路美熟女 ヘンリー塚本/加藤なお

完全版はこちら

加藤なお 刑務所帰りの息子と母子相姦

加藤なお。四十路美熟女の義理の母親と息子は肉体関係を持っていた。再婚した夫に目撃されてもやり続ける壮絶な義理母子相姦と寝取られ劇を描いたヘンリー塚本エロドラマ。
家に到着し玄関をくぐった途端、母と息子は抱き合う。「母ちゃん」「フミオ…」舌が絡まり、唾液を啜り合うディープキス。それだけで青年の巨棒は立ち上がり、熟女のアワビ肉は濡れる。刑期を終えて出所したばかりの息子。溜まっているだろうと、四十路母は股を開く。息子は陰部に口を着け、唾液をたっぷり塗りつけた。すぐに、反り返ったイチモツが母親の中へ潜り込む。最初から激しいピストン。嬌声があばら屋に響き渡る。「はあうっ、あっ、ああっ」若くて逞しい男根は、主婦に目眩がするほどの快楽を与えた。さらに奥深くを、亀頭を抉る。ぬちゃぬちゃとスケベ汁のこねる音が、高く鳴った。「いいっ、あーっ」絶頂に達しそうになった時、玄関の扉が開く音がした。「か、母ちゃん……」「多分、うちの人や」母親は慌てることなく服を着る。そして何食わぬ顔で、再婚した旦那を迎え息子を紹介した。「母親である私が、身元引受人になったんよ。今日から一緒に住むから、よろしく」「お前……そんなことを言われても」「言ったわ。アンタが忘れっぽいだけや」気の強い後妻。人殺しをしたという息子の迫力に気圧され、渋々夫は同居を承諾する。その夜、苛立った亭主は横で眠る四十代妻のスリップを脱がせた。「入れさせてくれや」軽くオッパイを揉んで、それほど濡れていない肉孔にチンポを突っ込む。(息子のセックスとは比べものにならんわ)冷めた表情で、腰を振る旦那から目を背ける。そして射精した旦那は、勝手に満足して眠りに落ちる。四十路熟女が浴室に向かうと、すぐに息子もやってきた。(やっぱりこの子のモノは立派やわ)何も言われなくても、母は若いペニスを咥え胴体を手コキする。「はああ、母ちゃん気持ちいい……っ」寝室にもつれ合って移動し、シックスナインで陰部をしゃぶり合う。やがて怒張しきった男性器が、恥裂を拡げながら奥深くに潜り込む。旦那とは比べものにならない、爛れた愉悦。腰を振りながら美乳を吸われ、美魔女はオルガズムに昇りつめた。雌穴に締め付けられても、息子の腰振りは止まらない。遅漏で絶倫。女を悦ばせる体力と淫技を持ち合わせている。「くっ、イクッ、イクッ」何度も何度も、淫女は悦びに肢体を痙攣させた。夫が仕事で家を出ると、息子と身体を絡み合わせる。この親子が普通ではないと薄々気づいていた夫は、仕事に向かう振りをして家へと戻った。「あん、いいわ…!」「んぐ…ッ」フェラ、クンニで性器を貪る母子の姿に、旦那は息を飲む。「お前ら親子やなかったんかっ」怒鳴り込んだ男を見ても、二人は動揺しなかった。「義理の息子や、文句あるか?」「すみませんお義父さん…でも、覗き見たアンタにも問題があるんと違います?」嫁は居直り、旦那に逆ネジを喰らわす始末。夜になれば夫婦の営みを断り、目の前で義息とまぐわう四十路義母。これみよがしに喘ぎ合う二人。この状況は、寝取られなどという生易しい代物ではない。絶望と怒りに震える旦那の横で、四十路継母と義理息子の性行為は続く……。

この作品の高画質フル動画はこちら
セックスの匂いがする母 2度目のかあさん
収録時間:93分
出演者:冬木舞 加藤なお 翔田千里 五十嵐しのぶ
監督:ヘンリー塚本
シリーズ:—-
メーカー:FAプロ
レーベル:FAプロ