触ってみて…童貞青年の股間を刺激する妖艶すぎる四十路友人の母 寺崎泉

「ほら触ってみて…」息子の友達の手を取り、スカートの中や胸に押し当てるおばさん…。妖艶な四十路美魔女の筆おろし動画。寺崎泉。
「彼女は?」「今は、いないです」そう青年が答えた途端、濃厚な牝のフェロモンがダダ漏れな四十路熟女の友人の母はとろりとした笑顔を見せた。「そう……それは寂しいわね」すうっと青年の隣に座ると、彼の手を取り自分の乳房へと導く。突然のことに目を白黒させながら青年は生唾を飲み込んだ。「リラックスして、ね?」そう言いながら股を広げ、スカートの中に隠れたパンティストッキングに触らせ、そしてマン筋を示す熟女。痴女のいやらしい誘惑に興奮した男は、彼女の服を捲りあげて乳房の先にあるスケベ色した真っ黒乳首を啜った。「あっ、いいわっ」嫌がるどころか喜びに全身を戦慄かせる淫乱熟女。昂ぶった青年はおばさんのショッキングピンク色したパンティーに手を滑りこませると、肉のあわいを指でまさぐった。「うっうっ、ああっ」年増女は身をくねらせ男の指マンに喘ぐ。既に期待汁でべちゃべちゃに濡れていたおばさんの割れ目からは、ぬちゃぬちゃと卑猥な水音が響いた…。
「んあっ、イッちゃいそうだったわ。すごく興奮しちゃった……君のも見たいな」そう言うと女はほっそりとした指先を青年の股間へと運び、ジッパーを下ろてズボンを脱がせる。するとトランクスの下では早くも性器がビンビンに勃起し、下着を押し上げていた。「立派ねえ、美味しそうな匂いがするわ」発情牝の表情で熟女は手コキ、そしてフェラ奉仕を始めた。貪欲にバキュームフェラされ、青年はそうそうに放出しそうになった。「だめっ、もうっ、蓋しちゃう」そういった熟女は男根の根元を強く指で締めつけると、亀頭裏を重点的に攻め始めた。こんなもの、出すなと言う方が無理だと青年が根を上げようとしたとき、「横になって」と突如熟女は愛撫を止めた。言われた通りソファーに横になると、熟女は上に乗って69の体勢でおちんぽ弄りを始める。目の前に迫ったマン汁したたるヴァギナに顔を突っ込み、青年はクンニリングスで逆に痴女を責め始めた。「いいわ、凄いっ」思わぬ反撃に熟女は喜び、縦横無尽に動き回る男の舌に酔いしれる。すぐに我慢できなくなった熟女は騎乗位の体勢になると青年のデカチンをアソコに受け入れた。「大きいっ、デカチン最高っ」恥ずかしげもなくそう言い張った熟女の腰振りが始まる。M字開脚になって乗馬のように激しく腰を遣われ、青年も女のように呻き悶えた。いくら年上とは言え女にばかり主導権を握られては男がすたると、青年はバックや正常位で激しくピストンし、おばさんを翻弄する。しかし膣の締めつけに負け、彼女の中にたっぷりとザーメンを注ぎ入れてしまうのだった。