中年男と未亡人母の壮絶なセックスを正座をしてみつめる息子

1
完全版はこちら
森貴代美 息子以外にもハメられたい未亡人母の欲望
禁じられた欲望 巨乳母48歳の性的欲望は息子の肉棒だけでなく犯されても欲しがり続ける

森貴代美。台所を修繕するため、水道業者が家を訪れた。「母さん、水道屋さんが来てくれたよ」「どうも、よろしくお願いします」48歳の未亡人は頭を下げ、息子は自室に引っ込む。「何かお手伝いできることはあるかしら?」「いえ…それより奥さん、昨日みちゃったんですよ」「えっ…なにを?」「奥さん、息子さんの友達のモノ咥えてましたよね」確かに昨日、物陰で息子の友人にフェラチオをした。「そ、それは…無理矢理しゃぶれって…言われたもので…」「無理矢理って、奥さん」未亡人の言葉に、水道業者の男は興奮。ふらふらとアラフィフ熟女に近づき、巨乳に手を伸ばした。「や、止めてください…息子がいるんです」「声を出さなければいいんですよ」熟女の懇願を無視して男は唇を奪う。それはすぐにディープキスに変わり、ぬるぬるの舌が絡み合った。「勘弁して、許して…」「息子に聞こえちゃいますよ、奥さんだって欲しいと思っているんでしょう?」ワンピースのボタンを外し、大きな乳房に顔を埋めながら男は囁く。「そんな…」口では否定するが、股間の穴はすでにグッショリと濡れている。まだまだ性欲は旺盛なアラフィフの女体。早くに夫を亡くした未亡人は、常に飢えていた。男はムチムチな太股を持ち上げ、黒いストッキングの股ぐらを破る。パンティを横にずらし、オマンコの内部を指で掻き回した。「ひぁあっっ!あ゛っあ゛っ、あっッ」未亡人の喉から、抑えきれない快楽の声が上がる。男は未亡人を寝室へ連れ込み、ギンギンのデカマラを握らせた。「どうだ、欲しいか?」「ほ、欲しい…」欲望に流された未亡人は、恍惚の表情で肉棒を握りしめる。「おい息子!ぼやっと見てないで布団敷け!」男はいきなり、物陰に向かって怒鳴った。すると俯き加減の息子が姿を現す。(あぁ…ずっと見ていたの…?)母親は動揺するも、咥えたペニスは吐き出さない。「この淫乱親子が」男になじられながら、息子は黙々と寝床を用意。「おい、息子の前だがこのままヤッていいんだな?」一心不乱に尺八する四十路熟女に男は尋ねる。「いいわ…息子に勉強させたいの…アナタみたいな男を…見せつけてやって」「だそうだ、そこに座ってしっかり見ておけ」息子は座布団の上に正座をすると、母親のフェラチオ姿をみつめる。男はシックスナインの体勢で未亡人の上に乗ると極太チンポを女の唇にねじ込み、恥裂を舐めしゃぶった。「もっといやらしくしゃぶって、息子に見せつけてやれ」「んんっ、んーっ」喉奥に当たる亀頭に咽せながらも、ベロを蠢かせる。(見てて…お母さんの乱れる姿を見て…っ)我が子の視線に乳首は固くなり、更に割れ目の内部が潤う。準備が整った男は、正常位の体勢を取った。そして下着のスリット部を横にずらし、フル勃起したイチモツを一気に根元までねじ込む。濡れた膣孔は、スムーズに水道屋の巨根を飲み込んだ。破れたストッキングから漏れる巨尻が淫らに弾む。壮絶な母親のセックスを、息子は金縛り状態で凝視していた。男のハードピストンに合わせ、四十路熟女の豊満な身体が重そうに揺れる。長いファックに、何度もアラフィフ未亡人は気を失いそうになった。「そらっ、イクぞっ」男は男根を引き抜き、未亡人の顔に向ける。糸を引きながら大量に噴き出した白濁液が、べっとりと美貌に貼り付いた。「んん…っ」お掃除フェラで男のペニスを丹念に清める。「ヒロくん…水道屋さんみたいになりなさい…」愕然とする息子に向かって、母親は途切れ途切れの声でそう言い放った…。

この作品の高画質フル動画はこちら
禁じられた欲望 巨乳母48歳の性的欲望は息子の肉棒だけでなく犯●れても欲しがり続ける 森貴代美
収録時間:100分
出演者:森貴代美
監督:メリケンサック
シリーズ:禁じられた欲望
メーカー:F&A
レーベル:F&A