囁き隠語と強烈な愛撫で男を極限まで責める四十路熟女

 

普通のSEXでは満たされないド淫乱熟女とマゾ男の隠語変態ファック。澤村レイコ。
男が吐き出した大量の唾液を突き出した舌で受け止めベロチューする四十路熟女。「はぁぁぁぁ…ん」M男の足を自身の顔に擦りつけると、なんともいえない吐息を漏らすおばさん。そして足の指を口に含み、一本一本丁寧にしゃぶり始めた。うっとりとした表情で足指フェラをしていた彼女が突然立ち上がり、パンティを脱ぎ捨てた。もう一度男の足を掴むと、親指へ唾液を垂らして割れ目にあてがった。腰を振りながら、足の親指でクリトリスと大陰唇を刺激する変態おばさん。ついには、足の親指を膣内へ挿入して足指ファックまで始めるド淫乱ぶりだった。男のパンツを剥ぎ取り彼の顔面に喰らいついた奥さん。「あはっ美味しいよwww」なんと彼の眼球を舐めるという変態行為を楽しみ、美味しいと爆笑してはしゃぐおばさんだった…。さらに男をチングリ返しで責め続ける奥さん。尻穴、玉袋、肉棒を下からじっくりと舐めあげる。「あぁぁぁぁ………凄い…」尻毛まで舐められるという羞恥と、脳天まで突き上げてくる快感で思わず吐息が漏れる男だった。奥さんは、彼の顔面に跨り舌を出したまま動かないように命じた。「ふぁぁぁ…っぁぁ…!きもてぃぃぃぃ…!」突き出したままの舌へ割れ目を押し付けながらクイックイッとリズミカルに腰をくねらせる。巨乳を口元まで押し上げ、自ら乳首を舐めながら顔面騎乗を堪能するおばちゃんだった。今度は男が責めにまわる。おばさんの巨乳に喰らいつき、足指をべろべろ舐め回す。さらには、二人で彼女の足指を舌を絡め合いながら舐めるという荒業まで繰り出した。そしてフェラチオ後、SEXへと突入する。唾液を飲ませ合いながら野獣のように絡み合う二人だった。とどまる所を知らない欲望…。悲鳴のような快楽の絶叫をあげながら精根尽き果てるまでハメまくりイキ果てた二人。シーツにはハメ潮のシミが大きく広がっていた…。