嫉妬母子相姦 彼女が出来たと喜ぶ息子の童貞を奪ったアラフィフ母

完全版はこちら
竹内梨恵 息子に過剰な愛情を注ぐアラフィフ母の近親相姦
淋しんぼ母さん 過剰な愛情欲情セックス 竹内梨恵

竹内梨恵。旦那と離婚して女手一つで育ててきた息子に彼女が出来た。その報告を聞いた母親にいけない感情が芽生える。それは嫉妬心…。いきすぎた愛情で息子の童貞を奪ってしまう四十路熟女の筆おろし母子相姦。
「来週の日曜日デートしようよ」新たに出来た彼女と、ウキウキしながら電話をする息子。48歳の美人母親は、寂しそうな笑顔を浮かべ高校生の息子を見つめる。亭主と離婚し、ずっと母子家庭で生きてきた。息子が幸せになるのは嬉しい。反面、寂しい気持ちが拭えない。(私……おかしいのかしら)息子の部屋に、母親は向かった。「ちょっといい?」「なに、母さん?」「彼女とはどう?」母親はベッドの縁に腰を掛けて息子に尋ねる。「いい感じだよ、来週の日曜日遊園地にデートに行くんだ」息子は満面の笑みを浮かべたながらそう答えた。その表情を見た瞬間、母親の胸が鋭く痛んだ。「そう……お母さんとは?」「えっ!?」「お母さんとはどこか行ったりしないんだ?」「えっ!?何言ってんだよ…?」母親は息子の両肩を掴み、顔を寄せた。「お願い、私はアナタがいないと生きていけないの…何処にも行かないで…ッ」「えっ?えっ!?」「私にはアキラしかいないの…!」激情に身を任せ、息子を押し倒し唇を重ねる四十路熟女。息子は両手を突っぱねて母親のキスを拒絶しようとした。「駄目だよ母さん…何をするんだよ…っ」「いいから触って…ッ」息子の手を取り、乳房へと導く母親。心まで蕩かされるほどの柔らかおっぱい。息子の唇を貪欲に啜りながら、アラフィフ熟女は服と下着を脱ぎ捨てた。「だ、駄目だって母さん…っ」抗っても抗っても、白い美肌のオッパイが顔に押しつけられ続ける。男の性本能を嫌と言うほど刺激され続けたた息子は、ついに母親のピンク乳首にむしゃぶりついてしまう。「気持ちいいっ」母親はプリプリの尻を突き出し四つん這いになって息子を誘惑。「か、母さん…ッ」「ちょっと見せて」「だ、駄目だよ…!」息子の拒絶など意に介さず、母親はパンツを下ろしチンポを握りしめる。そしてフェラチオをしながら、自らおまんこを指でまさぐりだす。そこはすでにぬかるみ、男根の到来を待ちわびている。愛息の上に乗り、アラフィフ母はペニスを掴んだ。「そ、それだけは駄目だよ…ッ」完全に一線を超えて挿入しようとする母親を息子は必死に制止する。「アナタはおとなしくしていて!」しかし息子の言葉など意に介さず、母親は騎乗位の耐性からは息子のペニスを挿入してしまった。愛液でぬかるんだオマンコは、あっさりと息子の肉棒を根元まで飲み込んでしまう。白い美肌の尻を振りたくる母。「あぐ…ッ」童貞を喪失した息子は、快感の声が漏れ出てしまう。心地よい膣の締め付け、甘い熟女の匂い。強烈な母の筆おろしは、理性的な息子の思考を黒に染める。「ああっ、き、気持ちいいよ…ッ」息子は母の腰を掴むと、自らペニスを叩きつけた。「あんっ、いいわ、そうよ…!」悶え転がる熟女の恥裂が、息子のイチモツを食いちぎらんばかりに絞った。「母さん…!!」絶叫と共に、熱いスペルマが母親の子宮を待たす。「ああ……アキラ……っ」中出し近親相姦という禁断交尾は、アラフィフ熟女にいけない悦びを与えた。罪の意識に俯く息子に対し、母親は淫靡な笑顔を浮かべる。(他の女に渡したりなんかするものですか…)息子を自分だけのものにしたい。おぞましいほど執念めいた母の愛情が、息子の人生を拘束してゆく……。

この作品の高画質フル動画はこちら
淋しんぼ母さん 過剰な愛情欲情セックス 竹内梨恵
収録時間:83分
出演者:竹内梨恵
監督:三郷浩太朗
シリーズ:淋しんぼ母さん 過剰な愛情欲情セックス
メーカー:センタービレッジ
レーベル:楽園(センタービレッジ)