夫の淡白なSEXしか知らない43歳主婦が他人棒に乱れ狂っていくハメ撮り体験

1 2
完全版はこちら
美原すみれ 四十路熟女の不倫ハメ撮り
熟女の浮気は本気のSEX VOL.31

美原すみれ。処女を捧げた夫とのセックスしか知らないという真面目な四十路人妻。初めての浮気で他人棒がもたらす強烈な快感に狂乱していく熟女のハメ撮りエロ動画。
「43歳です」愛らしい声で自己紹介する人妻。子供は三人、一姫二太郎に恵まれていた。夫は公認会計士で、中流よりやや上の生活を送っている。「今日は僕のいいなりになっていただきますが大丈夫ですか?」こんな上品な奥様が、ハメ撮りなど出来るだろうか。不安になった男が確認するが「ええ」と人妻は笑顔で応えてみせた。夫とは、ほぼセックスレス状態。たまにある夫婦生活も「とにかく普通」なのだという。「奥さんの大事なところ、旦那さんは舐めてくれますか?」「舐めてくれますけど…すぐ終わります」セックス自体も三十分もないぐらい短い。「夫は、するとすぐに寝ちゃうんです…」これまで浮気もしてこなかった分、人妻は欲求不満を溜め込んでいる様子。早速服を脱いでもらうと、美味しそうに熟れたムチムチボディが露出した。男は巨乳を揉みながら、まずキスをしてみる。「ん…っ」喉から漏れる呻き声。補整下着の胸部をずり下ろすと、茶色の大きな勃起乳首が現れた。「うわあ!いやらしい乳首」男は思わずそう叫び、乳首を指でつまむ。「あ、あん…くすぐったい」四十路熟女の肉体が、ビクンと跳ね上がった。感度は良好らしい。「いやらしい乳首だ…いやらしい色。自分で舐められそうだね」ぎゅっと乳首を摘まみ、彼女の口元に寄せる。確かに舌を伸ばせば、口に届きそうだった。「いっぱい赤ちゃんに吸われた乳首ですねえ」エロい乳頭に興奮しながら、男もチューチューと吸いまくる。ディープキスをするときも、乳首をクリクリと弄りまくり。ハメ撮り男は悶える四十路人妻の前に寝転がり、勃起したイチモツを突き出した。「どうしたらいいんですか?」「奥さんの好きなように」四十路熟女はパンツを下ろし、固くなった肉棒をくわえ込む。「んん…大きいから口に入らない」嬉しそうに表情を緩ませ、フェラチオを楽しみ出した。「タマタマは舐めてくれないの?」「うふふっ」奥さんは金玉をぱっくりと頬張る。「自分で脚を広げて『見て』と言ってみて」「それは…恥ずかしい…」「女の人は全員それをヤルんだよ」「本当に…?」四十路熟女は柔らかな太股を自ら両手で広げる。M字開脚で、パンティと白いストッキングに包まれた恥部が露出した。「どんな感じ?」「変な感じ…」真面目な夫とは考えられなかった、破廉恥で刺激的な前戯。今まで自分でも気づけなかったが、人妻は変態的な願望を隠し持っていた。その証拠にアソコは濡れ、いやらしいシミが浮かび上がる。さらに男は、69による濃厚なオーラルセックスを仕掛けた。「んふうっ、いい……気持ちいい……あふっ」ア陰唇やクリトリスを這い回る舌先。人妻も夢中になって、ペニスをしゃぶり倒す。「入れるよ?」「うん…」長い愛撫の末、ぐっしょりと濡れた人妻の割れ目に他人棒が突き刺さった。「はあっ、あうっ」太いデカマラに肉襞をかき回され、四十路熟女の知性的な美貌が崩れてゆく。キスをしながらの正常位、巨尻へ腰を猛然と叩きつけるバック、巨乳を弾ませる騎乗位。様々な体位が、人妻を淫らに狂わせた。「ぐっ、出るよ…!」限界に達したハメ撮り男は、四十路熟女の美貌に向けてザーメンをぶっ放した…。

この作品の高画質フル動画はこちら
熟女の浮気は本気のSEX VOL.31
収録時間:132分
出演者:—-
監督:カールスモーキー成城石井
シリーズ:熟女の浮気は本気のSEX
メーカー:花と蜜
レーベル:FLOWER&HONEY