凄まじい快感をもたらす不貞セックスに狂う四十路熟女と中年男 ヘンリー塚本

1
完全版はこちら
熟年男女の不倫 ヘンリー塚本
人妻性交 情事に狂う時

小池絵美子/ヘンリー塚本。夫は知らない、熱く激しい性欲を秘めた妻の本当の姿を…。狂おしい快感に包まれて激しいセックスを展開する中年男と四十路熟女の不倫エロドラマ。
「今晩、ご主人に要求されたらどうする?」「それはありません」四十路人妻は不倫相手と電話で話す。互いに家族がいるにも拘わらず、許されざる恋に身を焦がす四十路熟女と中年男。「早く君のオマンコが見たい」「私もマチムラさんのペニスが見たい…」「早く欲しい、君のオマンコ」「私もビンビンのペニスが欲しい」「明日、車で迎えに行くよ」「絶対に気づかれないようにして」「わかってる、愛しているよ」「私も愛してる」電話を切ったが、四十路熟女の胸は期待感で早鐘を打ったままだった。そして翌朝。旦那が出勤すると、すぐに彼女も家を出る。郊外の人通りが少ない路上で待ち合わせ、不倫相手の車に乗り込んだ。「脱いで」男はすぐ、人妻に命じる。「ええ…」四十路熟女はストッキングを脱ぎ、生足になった。「パンティも脱いで」「はい」ほっそりした両足から、下着も抜き取る。男はノーパンになった女の股ぐらに手を入れ、熱い部分に触れた。早くもソコはぐちゅぐちゅに濡れ、肉棒の挿入を待ちわびている。男はラブホテルへ車を向かわせた。(抱かれたい、早く私を満たして欲しい)スースーする下半身をもじつかせながら、四十路人妻はその瞬間を待ちわびる。「愛してるよ」部屋に着くなり、男は人妻の肩を抱き寄せ、唇を重ねた。舌を絡ませ、もつれ合う肉体。接吻しながら服を脱ぎ、男は熟女の美巨乳を揉みしだいた。悶えながら、女も屹立した男のイチモツを握り締める。「もう…もう入れて…っ」我慢出来ず、人妻は懇願した。「ああ」男は女のスラリとした左足を抱え上げ、立ったまま分身をねじ込む。「あっ、ああっ」熱いイチモツが秘奥を激しく抉る。対面立位の合体。思い切り身体を揺さぶった男は、チンポを抜いて彼女をソファーに座らせた。そして足首を掴み、左右に大きく広げる。まんぐり返し大開脚の格好で、陰唇に顔を埋め舐め回した。「あう…っ」鮮烈な快感が、人妻の全身を貫く。妻を女中としか思っていない夫と違い、自分を女として見てくれる。そんな素敵な男のクンニリングスは、彼女にアクメを与えた。「入れるよ」淫液を掻き分け、固い亀頭が再突入してくる。「あうんっ…あっっ、あッ、いいわッッ」ハードピストンのセックス音と、人妻の淫らな喘ぎ声が部屋に拡がる。おまんこの中で、他人棒が凄まじい勢いで暴れ回った。「ハァハァ…今日もヤリまくったわね…」「君といると、マラが萎まないんだ」情事が終わっても、人妻は浴室の中でフェラチオして不倫相手の男性器を愛し続けた。車で送ってもらい家に戻っても、人妻の火照りが止まらない。不倫相手からの電話を取ると、女は大胆な事を言い出した。「ねえ、中に入ってきてくれない?」四十路熟女はストッキングと下着を脱ぎ捨てながら、ねだる。「……わかった」男もまだ、彼女を抱き足りなかった。車を止めると、人妻の家へ向かう。玄関をくぐった途端、四十路熟女は跪き男根をバキュームフェラ。立ちバックで、獣のように貫かれた。(ああ、たまらない…この情事の味…っ)性交が終わり、男は引き上げていった。こんなにハメまくっても、まだ身体の疼きは消えない。危険なのは判っている。不貞が明るみに出れば、人生が終わるリスクも。それでも四十路人妻は、不倫を止めることができなくなっていた。「彼のペニスが収まったマンコ…」鏡を使って陰唇を覗き込む。女の沼はしっとり濡れ、ヒクヒク蠢いていた…。

この作品の高画質フル動画はこちら
人妻性交 情事に狂う時
収録時間:183分
出演者:—-
監督:—-
シリーズ:名作ポルノ
メーカー:名作ポルノ
レーベル:名作ポルノ