四畳半のアパートで中年女の濃密な不倫交尾が繰り広げられる昭和のセックス事情

完全版はこちら

鮎原いつき 昭和の人妻不倫

出演女優:鮎原いつき。ムチムチに熟れた巨乳巨尻の美味しそうな裸体がエロティックな四十路熟女の人妻。四畳半のアパートで繰り広げられる中年男女の不倫劇を描いた昭和エロドラマ。
「ええ……んんっ…わ、判りました……また終電になるんですね」帰りが遅くなると言う亭主からの連絡を黒電話で聞いていた四十路人妻。しかし彼女の下半身は丸裸で黒々とした恥毛と割れ目が剥き出しになっており、それを中年の間男がクンニリグスで無茶苦茶に貪っていた。必死になってアエギ声を抑えながら旦那の電話を切る。「今日も遅くなるってか」「え、ええ……」「そうかい、そりゃいい」男は人妻を立たせると、立ちバックでデカチンを挿入し、寝室まで歩く。「あんっ、ああ……っ」パンパンと巨尻を打つ瑞々しい打擲音と、巨乳人妻の淫靡なうめき声が混ざり合う。一発目が終わると、横たわった肉感的な奧さんの身体を撫でながら、男は「最近ずっとしてるな、旦那とのセックスじゃ満足できないのか」と笑った。ムッとする奧さんに向かって「旦那とは、どんなセックスをしてるんだよ」と尋ねる。「どんなって、普通よ」「へえ。じゃあその普通のセックスをしてるっておまんこ、見せてくれよ」と、男はニヤニヤしながら四十路熟女の脚を大きく拡げさせてまんぐり返しにし、執拗なクンニリグスを始めた。「やだっ、ああっ、もうあの人が帰ってくるわよ」「大丈夫だって、残業だろお?」「もう、駄目、ああっ」ダンバラを揺さぶりながら、男のベロで聖域を荒らされ次第にその気になってゆく奧さん。指マンをされつつベロキスで唾液を流し込まれると、彼女もすっかりその気になっていた。「おうううっ、あーっ」激しい指マンで、大量の潮を吹く人妻。指マンによる潮吹きを、男は悦んだ。そのとろとろのオマンコをしゃぶった男は「最高のつけ汁じゃねえか」とまたべちゃべちゃとマンホールを舐め回しす。「んん…ッ」たまらず、女はフル勃起した絶倫巨根を咥えふしだらな表情でバキュームフェラを始める。なんだかんだ言いながら、奧さんは好き者であり、この性欲旺盛な間男にぞっこんだった。もうこのおちんちんを知ってしまえば、主人のペニスで満足などできるはずがない……。根元まで吸い上げたところで、男は大量に彼女の口内へと発射する。口からドロドロの濃厚なザーメンミルクを噴き零しながら、男を見上げる四十路熟女。「ああ、すっきりしたよ」と男は自分の精液が顔や口に付くのもいとわずに、奧さんと熱いベロチューを交わしてゆく。欲望と本能を剥き出しにした、浅ましい接吻に人妻はうっとりする。やはり、セックスは理性をかなぐり捨てて交わる方が、断然気持ちがいいのだと実感する四十路熟女だった…。

この作品の高画質フル動画はこちら
昭和の四畳半浮気づま 間男たちとの濃厚むさぼり姦通 鮎原いつき
収録時間:89分 (HD版:89分)
出演者:鮎原いつき
監督:湊谷
シリーズ:昭和の四畳半浮気づま
メーカー:センタービレッジ
レーベル:楽園(センタービレッジ)
品番:h_086fuga00013