筆おろし義理母子姦 猛烈なエロフェロモンを放出する後妻の母がズリネタになった少年

完全版はこちら
よしい美希 エロすぎる四十路熟女の継母
エロすぎる巨乳義母が父さんに内緒で僕を誘惑して来てもうアカン。

よしい美希。小悪魔的な魅力とある策略で夫の連れ子を虜にする後妻の母親。大人の魅力をムンムン放つ継母に誘惑され筆おろしまで突き進む少年の義理母子相姦。
父が再婚し、家にやってきたのは40歳の美熟女。継母からは、同世代の女子にはない濃密なエロフェロモンが滲み出ていた。義理息子は次第に後妻の母親を女として意識するようになる。そして継母は、義息の性的な視線に気がついている。若い男の子を翻弄していることに嬉しさすら感じていた。そんなある日の朝。夫が仕事に出かけると、薄着のまま義息子の部屋に忍び込んだ。「よく眠っているわ」パンツ一丁で爆睡する義理息子の横には、ティッシュが散乱している。「なにこれ…オナニーでもしてたのかしら」青臭い香りを放つカピカピのティッシュを摘まみながら妖艶な笑みを浮かべる四十路熟女。パンツを下ろすと、朝勃ちしている肉棒がぶるんと飛び出した。「やだ、大きい……こんなオチンチン入れたら気持ちいいだろうな…」義息子の顔の前で手を振ってみるが起きる様子はない。後妻の母はパンティを脱ぎ捨てた。「タイチくんごめんね、お義母さんタイチくんの可愛い顔を見てたら我慢できなくなっちゃった」義理息子を跨ぎ、美尻を落とす。チンポを見ただけで濡れていた蜜壺。ずっぷりと、若い肉竿が割れ目に突き刺さる。「あぁ…タイチくん、いいオチンチンしてるじゃない…」尻を縦に振る四十路熟女の呼吸が荒くなってゆく。ぬちゃぬちゃと粘膜をデカマラでこねる音も、徐々に合わせ大きくなった。「……え!?お、お義母さん?なにしてるの…!?」股間を襲う強烈な刺激で、とうとう義息子は目を覚ます。継母は美巨乳を押しつけるように身体を倒し、義理息子の唇を吸った。「タイチくんお義母さんのことをいやらしい目で見てたでしょ…だからよ」「そ、そんなことないよ…ッ」「私でオナニーしてたの知ってるのよ?」「そ、それは…」図星突かれて反論できない。四十路熟女は上半身を起こし、おまんこを義息子に見せつける。「ずっぽり入ってるのよ、わかる?」性器の結合部を目の当たりにした童貞少年は、ゴクリと息を飲んだ。「お父さんにバレたら……」小心者の少年は、快楽に身悶えながらも不安を口にする。しかし大胆な後妻の母のピストンは止まらない。「タイチくんはなにも心配しなくてもいいの、オチンポ気持ちいいんでしょう?ああ、ダメダメッ、オチンチンでイッちゃううう!」ヴァギナが収縮し、絶頂を迎える4四十路熟女。オーガズムを迎えても、貪婪な熟女はまだ満足しない。「舐めてっ」充血したオマンコを、義息の顔に近づける。「お、お義母さん…」誘惑されるまま、指マンと顔面騎乗クンニリングスで秘密のマンホールを弄り尽くす。「ねえ、入れて…タイチくんの大っきなオチンチンが欲しいのっ」欲望丸出しのおねだりは、まだ射精していない少年の獣欲を呷り立てる。ディープキスしながら、少年と継母は再び身体をつなげた。若さに任せた打擲に、アラフォー熟女の女体は戦慄く。(うふふっ、挑発が効いたわね)義息に見せ付けるためだけに、他の男を家に連れ込みセックスを見せつけた。全ては悪女である後妻母の思う壺。若い肉棒を喰らうためなら、この四十路熟女は手段を選ばない…。

この作品の高画質フル動画はこちら
エロすぎる巨乳義母が父さんに内緒で僕を誘惑して来てもうアカン。
収録時間:119分
出演者:—-
監督:—-
シリーズ:—-
メーカー:乳と母/エマニエル
レーベル:乳と母